最新号

商品一覧

財界ふくしま2020年3月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■追跡レポート

やはり泉崎パークゴルフ場は無許可開発だった!!
久保木村長の違反行為の指示に翻弄される村職員

森林整備計画の対象になると森林法が適用され、伐採及び伐採後に造林する場合は届出が必要になる。無届伐採は、森林法第10条の8に違反する。その指導・監督するのが市町村だが、信じられないことに泉崎村で無届伐採が行われていた。泉崎村ではパークゴルフ場が無許可で開発されたほか、新たに整備を始めたクロカンコースでも法令に違反した樹木の伐採が行われていた疑いが出ている。


検証レポート
塙町・百条委員会で元課長が“覚悟の激白”裏
宮田町長の「全く知らない」は嘘だった?!

塙町議会が設置した百条委員会に宮田町長と元課長2人が証人として出席した。双方の証言が大きく食い違う中、元課長2人は宮田町長主導の入札だった内実を赤裸々に語った。本誌は宮田町長と元課長2人への証人喚問の一部始終を取材した。


■議員選当落直前予想/耶麻郡猪苗代町
実力伯仲の少数激戦から、無投票を探る動きも


■特別インタビュー/三保恵一二本松市長
文化・歴史・観光拠点となる文化観光施設を整備する
若者が定着する各種施策を

■特別インタビュー/門馬和夫南相馬市長
ワールドロボットサミットを機に、ギアを一段上げる

テストフィールドの拠点性を地域の雇用、経済へ


■特別インタビュー 医療最前線/水沼英樹福島県立医科大学ふくしま子ども・女性医療支援センター長
全国トップレベルの人材をセンターを通じて提供していく


新首長に聞く/蛭田泰昭矢吹町長
現場主義」で町の将来ビジョンを描く


編集長インタビュー/亀岡偉民 文部科学副大臣兼内閣府副大臣役
子供たちファーストで文科行政を改革していく
復興五輪を機に福島県への風評を収束させる

文科省の掲げる高大接続改革の一環として、昨年、大きな議論を呼んだのが来年1月から導入される「大学入学共通テスト」だ。民間の資格・検定試験の活用を前提にしていた英語は、受験機会や受験料などで機会の均等が図れないことが指摘され、国語、数学に導入される記述式問題については、採点の質や自己採点との不一致率が明らかになっている。そこで文科副大臣と東京オリンピック・パラリンピックなどを担当する内閣府副大臣に就いた亀岡衆議院議員に、教育行政の諸課題をはじめ、半年に迫ったオリンピック開催に向けて、本県の復興と風評払拭をどのように世界に発信すべきか聞いた。


■特別掲載〈第3回〉東日本国際大学 人間力育成講座
「令和を生きる皆さんへ
渕優子 衆議院議員


特別連載⑧〈最終回〉/「渋沢栄一 幕臣の意地を貫いた世紀の大実業家」

作家・星 亮一


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
佐々木直栄 日本大学工学部機械工学科サステナブルエネルギー研究室教授

【第53回】「新☆エネルギーコンテスト」を活用した環境エネルギー教育のすすめ

■ざいかい短信
・日立製作所が「郡山から撤退」に衝撃走る!!
・選挙間近の塙町議が年賀状に選挙公約

» 続きを読む