最新号

商品一覧

財界ふくしま2019年9月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     730円(税込)

 


■スクープ!!

驚愕!!障害者事業所が〝食品表示偽装〟を隠蔽!!

いわき管内初の事態に行政が〝立入り調査〟


いわき市にある社会福祉法人・希望の杜福祉会の事業所で製造していた豆腐が市内のスーパーに卸され、その卸戻りの豆腐を新しいパッケージに入れ替えて消費期限を偽造し、移動販売で売っていたとの情報が寄せられた。
不正にかかわりたくなく、廃業や営業取り消しもある事案と考えた内部告発者が法人の理事長や事務局長に再発防止と事案の公表を訴えたが、施設長の口頭注意と始末書だけでうやむやにされていたのである。


■鮫川村長選レポート

32年ぶりの選挙戦は「村議5期・関根」と「大樂後継・鈴木」の一騎打ち!?!
村民からは〝選挙のシコリ〟に懸念の声も

8月20日告示、同25日投開票の鮫川村長選は現職の大樂勝弘村長が今期限りでの勇退を表明。村議の関根政雄と元村役場総務課長の鈴木治男の一騎打ちとなっている。本誌は告示日まで約2週間に迫ったいま、32年ぶりとなる同村長選の情勢を取材した。


総力特集/首長選・議員選当落完全予想

●首長選
・天栄村…2期連続無投票で「添田3選」か!?
・三春町…〝現職後継〟が火種に元副町長同士の大激戦へ

議員選
鏡石町…水面下の動きが一気に浮上し選挙戦突入も?
・石川町…現職進退流動的で少数激戦突入か
・浅川町…新人4人出馬予定で少数激戦か!?
・三春町…定数割れも危惧される中町民の関心は町長選へ
・中島村…無投票もしくは定数割れの恐れも?


特別インタビュー/橋本克也須賀川市長

須賀川にかかわる人々の協働で更に「選ばれるまち」へ深化


首長インタビュー/前後公猪苗代町長
将来を担う子供たちの教育づくりに邁進する


トップインタビュー/渡邉拓也會津通運㈱代表取締役社長

時代にスピーディーに対応し100年起業を目指していく
ニッチな産業も展開


トップインタビュー/羽田和德㈱たまのや代表取締役社長
葬儀の事前相談からアフターフォローまで
こころネットグループの連携で真心を尽くしていく


 

■トップインタビュー/綱島兼吾飯坂ホテル聚楽総支配人
耐震補強と改装を施し、来年3月・新たな温泉リゾートへ
ホテル聚楽の持ち味に、優雅なひと時も加えてい



■トップインタビュー/目黒洋会津ゼネラルホールディングス代表取締役社長
大家族主義でグループ全体の発展を
4つ目の柱としてカーリース事業を開始



■トップインタビュー/長谷川正市会津よつば農業協同組合代表理事組合長
里山ごとの特産品で会津ブランドを確立
利益が出る農業で担い手を増やしていく



■トップインタビュー/鈴木雄大㈱ラトブコーポレーション代表取締役社長
心通う専門店とともに「商い」の原点を再確認
テナントとの連携強化で魅力を再発見



■新首長に聞く/佐藤淳一磐梯町長
「共創・協働のまちづくり」を進める



■新首長に聞く/小林功柳津町長
地域連携の核となる〝肉と温泉〟のロードをつくりたい

 


 

集長インタビュー菅野孝志 JA福島五連会長
アグリイノベーションとマーケット・インで競争力を磨いていく
農家手取りの最大化が担い手と営農基盤を下支えする

任期を1年残して大橋信夫前会長が退き、JA福島中央会の理事を務めていた菅野孝志氏が会長に就任した。福島県の農業は震災と原発事故による風評被害の影響を受け、食の安全・安心を担保しながら営農再開と農業基盤の再生に取り組んできた。平成28年に県内JAが合併・再編して3年が過ぎたいま、本県農業の復興と進化に向けた取り組みと農政を巡る諸課題について、菅野会長に聞いた。


特別連載②/「渋沢栄一 幕臣の意地を貫いた世紀の大実業家」

作家・星 亮一
幕臣の意地を貫いた世紀の大実業家


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
會田久仁子郡山女子大学短期大学部教授
【第48回】福島県民の食卓、家庭料理の安全安心 これまで、そしてこれから


■連載/ドクターGOの医療徒然草
遠藤 剛(医療法人)健心会えんどうクリニック院

〈第23回〉心身医療で医療費抑制を


■ざいかい短信
・通れない阿賀川新橋―。ついに令和6年に供用開始か

» 続きを読む