財界ふくしま

商品一覧

財界ふくしま2020年6月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■スクープ!

田村市・移地区の除染組合で2億8000万円の横領疑惑!
顧問税理士に「多額の報酬」の事実も

東日本大震災後、地域の有志で発足し除染作業に当たった社団・移再生プロジェクトチームで、今年4月、同チームの監査役3人が渡辺孝行会長を含む執行部3人を「業務上横領」で田村警察署に刑事告発した。
また、告発とは別に同プロジェクトチーム内では「総額2億8000万円余りの使途不明金が存在する」との声も囁かれている。本誌は告発に至った経緯を取材し、告発された渡辺会長、本田財務部長らに見解を聞いた。


■追跡レポート
経営破綻寸前の“道の駅しもごう”に町が1800万円の補助!!
給与カット、ボーナスゼロで中堅幹部職員は次々に退職…

「道の駅しもごう」で幹部職員や従業員の退職が続き、東電の補償金と内部留保金を取り崩して凌いできた経営が限界点を迎えている。直近の3年間では給与や旅費交通費、消耗品などを削減してきたものの、不透明な運営を続けてきた負の遺産は解消されていない。下郷町役場ではこれまでの数々の疑惑を解明しないまま、道の駅の運営会社に指定管理料として1800万円の補助金を出すことで維持・運営を図ろうとしているのだ。


■追跡レポート
宮田塙町長「不起訴処分」で福島地検に落胆の声も
塙町長選は「反宮田陣営の一本化の成否」がカギ?

入札妨害罪で書類送検されていた宮田秀利塙町長に対し、3月27日付けで福島地検が不起訴処分を下したことは承知の通りだが、宮田町長は4月2日、改めて不起訴に至った経緯についての記者会見を開いた。本誌は会見の様子と不起訴処分に対する町内の声とともに、約1カ月半後に迫った町長選の現況を取材した。


■編集長インタビュー/和田晃司 情報整備局代表
消防団支援アプリが地域の防災を進化させる

ICTソリューションで地域課題の“解”を

創業から5年のベンチャーが消防団の活動を支援する地域防災アプリケーションの開発でICT地域活性化大賞で最高賞の総務大臣賞を受賞した。商品名「S.A.F.E」はこのアプリを登録した全消防団員に火災の発生を通知し、団員の出動状況などの動態管理や消火栓の位置、消防車両の配置などが画面上で確認と共有が出来るシステムだ。地方自治体と消防行政、消防団員をつなぐこのアプリは、消防団員の業務効率の向上と負担を軽減し、人員不足に悩む消防団員が速やかな消火活動に当たれる仕組みとして全国自治体から注目されている。


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
岡 裕之 会津大学復興支援センター上級准教授

【第56回】AI分野の知的財産と産学官連携


■緊急掲載

中西文雄 呼吸器科専門医 医学博士 東日本国際大学客員教授
新型コロナウィルスの流行と報道の功罪


■特別掲載

小熊慎司衆議院議員
リミット迫る原発処理水の敷地外保管を問う

2020年04月03日

財界ふくしま2020年5月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■深層レポート

基本合意から3年―。
福島労災病院の移転に立ちはだかる“壁”!!
医療系大学に舵を切った医療創生大に成算はあるのか?

平成29年5月に当時のいわき明星大学(現・医療創生大学)、独立行政法人労働者健康安全機構・福島労災病院、いわき市との間で「労災病院の移転に関する基本合意」が締結され、医療創生大敷地内への労災病院の新築・移転が動き出した。しかし、あれから3年―。一向に移転の具体的な動きが見えてこない。医療創生大には労災病院の附属病院化による医学部の設置構想を持っていたという観測も流れる中、本誌はその深層を探った。

 


■緊急レポート
郡山女子大学教授の新型コロナウイルス感染で新たな情報
接触後、教え子の結婚披露宴に出席した教授も?


■検証レポート
堤防整備の加速で郡山市・永徳橋の危険度が増幅!?
品川市政は“危機感なし”の答弁に終始

昨年10月の令和元年東日本台風で甚大な被害を受けた郡山市徳定地区の阿武隈川に架かる永徳橋を取り巻く環境が、堤防整備の加速化によっていままで以上に危険な状態になりつつあり、郡山市議会の3月定例会でも取り上げられた。本誌は3月定例会の様子とともに、今後、予測される永徳橋の危険な状態について取材した。


■インサイドレポート
舟木幸一昭和村長が選挙を睨んで予算措置なしで事業を執行?!
単なる氷山の一角、村議は「議会軽視」と猛反発

昭和村の特産品「かすみ草」は、大量の雪を活用した“雪室”と呼ばれる施設で品質を確保してきた。ところが、今年は記録的な雪不足もあり、雪室への雪の搬入が除雪した量では足らず、山間部などからかき集める事態となったのである。追加された経費は農業振興の観点から既に村が負担しているものの、その予算が3月議会で補正予算案に計上されていたことを受け、議員からは議会軽視との批判が出ている。


■追跡レポート
塙町議会「百条・報告書」に失望の声!
宮田町長“不起訴”で入札妨害罪は藪の中

2月末に公表された塙町議会の百条委員会の報告書について町民の間から落胆の声が上がっている。一方、福島地検は宮田秀利町長をめぐる官製談合疑惑について、いまだ結論を出していない。(3月末時点)本誌は報告書への町民の声と7月に任期満了を迎える町長選の情勢を取材した。


市町村議選当落直前予想
大沼郡三島町
 注目新人出馬も無投票で決着か 


■特インタビュー/菊地健治一般社団法人福島県介護支援専門員協会長
家族のライフスタイルに合わせた介護サービスの調整役に

■特インタビュー/須田博行伊達市長
相馬福島道路のメリットを生かした若者が定住するマチづくりを
市民の生活再建に向け一日も早い復旧復興を


編集長インタビュー/栗山亀美一般社団法人古民家再生協会福島代表理事
古民家を守り、未来へ残す

古民家を観光資源にしたDMCで地域の活性化へ

伝統的な建築工法で建てられた古民家が若年層にも支持を集めている。だが、古民家の流通や取引の実態はあまり知られていない。ほとんどの場合は購入してからリフォームやリノベーションが必要になるように、新築物件とは異なる留意すべき点があるのも事実だ。社会問題化している空き家の解消。そして移住・定住や滞在型観光の拠点として、地域活性化の有効なツールとして自治体でも活用が探られている古民家について、栗山代表理事に聞いた。


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
濱田幸雄 日本大学工学部建築学科教授

【第55回】音環境から考える高齢社会における災害対応
2020年04月03日

財界ふくしま2020年4月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■深層レポート

無許可開発の泉崎パークゴルフ場が“営業停止”に!!
村議会が百条委員会を設置出来なかった“呆れた理由”

先月号で報じた泉崎村のパークゴルフ場が無許可で開発された問題を巡り、県から「違反開発行為等の是正について(通知)」が久保木村長宛に送られた。今後は泉崎村が関係機関と協議を行いながら周辺地域に配慮した排水計画を整備し、開発許可申請をしたあとに調整池などの工事に入り、工事完了後の検査に合格するまでパークゴルフ場の営業は出来ない。久保木村長の無許可開発については、議員の多くが設置に前向きだった百条委員会の設置が見送られなど、その背景に新たな不祥事も浮上している。


総力特集 議員選当落直前予想
岩瀬郡天栄村
 現時点では1人オーバーだが無投票の可能性も? 
石川郡玉川村
 話題の須釜地区乱立で泉地区候補が勝ち抜け?

・石川郡平田村
 昨年の村長4選で勝負あり?無投票も?
・石川郡古殿町
 実力新人の知名度に戦々恐々?の現職
・西白河郡矢吹町
 新人7人出馬で“飲み込まれる”のは⁉
東白川郡矢祭町
 トップの余波で弾き出される2人は?
・東白川郡塙町
 最終的に3人オーバーで選挙戦に突入!
・河沼郡会津坂下町
 定数減で、厳しい洗礼を受けるのは新人か
河沼郡柳津町
 現職と元職による地力が試される戦い
・南会津郡下郷町
 引退した室井、星の票の行方が大きなカギ
・南会津郡只見町
 支持者も複雑に絡み合う少数激戦に突入
・双葉郡富岡町
 定数4減で現職5人の大量引退、少数激戦の様相に


■特インタビュー/立谷秀清相馬市長
文化・歴史・観光拠点となる文化観光施設を整備する
国民が放射線の基礎知識を理解し、偏見を持たない社会を

■特インタビュー/高松義行本宮市長
災害復旧を最優先課題に本宮の力強さを発信していく


■特インタビュー/根本匠代議士
県民とともに「新しい東北」をつくり上げる


特別インタビュー/内堀雅雄知事
次の10年に向けた復興のスキームを明確にしていく
震災と原発事故から9年。内堀雅雄知事に県政の課題を聞く


首長に聞く/吉田淳大熊町長
持続可能な地域づくりへ未来志向で取り組む


■特別掲載〈第4回〉
持続可能な未来と現代社会
―環境教育と環境思想の視点から―
福井朗子 いわき短期大学准教授


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
安田俊広 福島大学人間発達文化学類教授

【第54回】運動で健康寿命は延びるのか?

■ざいかい短信
・矢吹町議会・百条委員会で前町政の疑惑?が次々と“噴出”
・解散したテレビ共同受信施設組合の280万円はどこへ?

2020年03月04日
» 続きを読む