財界ふくしま

商品一覧

財界ふくしま2021年2月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■深層レポート

念された“医療崩壊”が現実に
ステージ4「爆発的な感染」で福島市が“緊急警報発令”―

現在、県全体で新型コロナに感染した患者を受け入れ得る病床数は469床確保されている。12月に入ると、福島県全体でも約半月余りで390人の感染者が確認された。クラスターが発生した福島市ではステージ4に入ったが、医療関係者によると確保病床数と実際に入院可能な病床数との間に差があるため、実際には県全体でも非常に逼迫した状況にあるという。


2021郡山市長選③
川前出馬で品川・勅使河原との三つ巴!?
自民分裂で選挙情勢は“混沌”に

旧冬、来年4月の郡山市長選をめぐる出馬表明が相次いだ。焦点は「自民党が候補者の一本化を図れるか否か?」だったが、勅使河原、川前が相次いで出馬を表明したことで「自民分裂」が色濃くなり、三つ巴の情勢は混沌となりつつある。本誌は月号に引き続き水面下での各陣営の動きを取材した。

■追跡レポート③
倒産から7カ月、疑惑解明にはほど遠い西郷観光(キョロロン村・ちゃぽランド西郷)の現在

高橋西郷村長の「総括」はいつになるのか?

西郷観光の倒産から約7カ月、キョロロン村とちゃぽランド西郷の今後について高橋廣志西郷村長からはいまだ方向性が示されず村民の間から行政への不信の声が上がっている。そんな中、旧冬の同村定例会では本誌が新年号で指摘した疑惑を村議の一人が高橋村長に投げ掛けた。


■市町村議選当落直前予想/双葉郡双葉町
有力新人の出馬で現職危うし?


「財界ふくしま」創刊50年記念 新春特別対談/
内堀雅雄 福島県知事髙橋豊彦 ㈱財界21代表取締役社長(月刊「財界ふくしま」発行人)
Withコロナ時代の地域社会と地域経済の再生を考える

内堀知事と2021年の福島県を展望する

弊誌は創刊時から日本列島改造論に通底する地方自治体のあり方について提言してきた。昨年に世界を覆ったコロナ禍は、中央集権型行政システムと東京一極集中のリスクを顕在化させた。そこで弊誌では、震災と原発事故から10年の節目に当たる年頭に内堀雅雄知事と2021年の福島県を展望する特別対談を企画し、アフターコロナを見据えた地方創生の推進に掛ける思いを語って頂いた。(令和2年12月11日収録)


■新首長に聞く/引地真伊達郡国見町長

町民・行政・議会が一体となったマチづくりへ


■新首長に聞く/渡部勇夫只見町長

町民一人ひとりに活躍の場がある元気なマチに


■特別インタビュー/木幡浩福島市長
福島らしさを生かした県都の新ステージへ

木幡浩福島市長に県都の復興と再生を聞く


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
中村和樹 日本大学工学部情報工学科准教授 

【第64回】【第64回】リモートセンシング技術がもたらす地球環境と福島の未来


■特別連載④/提督山本五十六 その栄光と挫折

星 亮一

■特別連載①/会津人の軌跡 高嶺秀夫伝
山内日出夫元会津若松市長の遺稿


■ざいかい短信
・双葉町長選/現職・伊澤の3期目突入が濃厚
・川俣町長選/現職・佐藤の2期目に挑む候補者とは?

2020年12月04日

財界ふくしま2021年1月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■2021市長選情勢分

●郡山市長選情報②
三つ巴か一騎打ちか?「自民分裂の有無」が当落を決する?!
激しさ増す経済県都“師走の陣”

郡山市長選をめぐる動きが本格化してきた。既に現職・新人5人が出馬の意向を表明している中、焦点は自民党が候補者を一本化出来るか否かに絞られてきた。果たして自民党は結束出来るのか?あるいは分裂のまま選挙戦に突入するのか?本誌は水面下の動きを取材した。

いわき市長選レポート
いよいよ動き出したいわき市長選―
新人・内田広之の出馬で現職・清水、宇佐美との三つ巴の争い?!

任期満了まで8カ月に迫ったいわき市長選は、3選出馬が濃厚な現職の清水敏男に対し、水面下で行われていた対立候補の擁立作業が大詰めを迎えているようだ。再選後、現職の清水も、選挙結果に自信を深めたといわれるが、陣営内での不協和音や支持離れも指摘されている。また、衆議院の任期前に解散総選挙があれば、「衆議院への転身」を公言してきた清水市長の転身も囁かれているところだ。


■追跡レポート
特別清算の西郷観光(キョロロン村・ちゃぽランド西郷)で新たな疑惑
休業直前に拠出された前払金980万円の行方は?

10月下旬、キョロロン村とちゃぽランド西郷の指定管理者だった西郷観光が地裁白河支部に特別清算を申し立てた。当初、「7月中に再建案を提示する」としていた西郷村(高橋廣志村長)だが、11月に入っても何ら具体的な再建案は伝わってこない。そんな中、同村から西郷観光に拠出された指定管理費をめぐり新たな疑惑が浮上した。

■追跡レポート
いまも続くグローバルピッグファーム・柳津養豚場の“悪臭公害”

原因が分からず、第2期工事が建設中止に…

本誌9月号で報じた柳津町にある養豚場の“悪臭公害”が、新たな展開を迎えている。柳津町議会9月定例会でもこの臭気問題を取り上げられ、養豚場の第2期工事を前にして行政による環境アセスメントが実施されることになった。


■特別インタビュー/震災と原発事故から10年

中島 孝「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟 原告団長
福島地裁・仙台高裁で勝訴した 生業訴訟が最高裁へ

「脱原発」で豊かな地域経済を目指す

東京電力第一原発事故の福島県内外の被災者約3600人が国・東電に事故当時の居住地の地域環境(空間線量)を事故前の水準に戻すこと(原状回復)や損害賠償を求めた「生業を返せ・地域を返せ・福島原発訴訟」で仙台高裁は9月30日、一審の福島地裁に続き国・東電の責任を明確に認め10億1000万円の賠償を命じる判決を命じた。ただ、その後、国・東電が上告。それを受けて原告も上告し、今後、同訴訟は最高裁で争われることとなった。本誌は原告団の中島孝団長に仙台高裁の判決への評価と今後の活動について聞いた。


新首長に聞く/杉岡誠相馬郡飯舘村長

思いを汲んだ住民参加型の村づくり

10月10日に告示された飯舘村長選は、元村役場職員の新人・杉岡誠氏のほか立候補の届け出はなく、無投票による初当選を果たした。6期務めた現職・菅野典雄氏の引退により、24年ぶりに新首長が誕生した中、地場産業の再生や情報通信技術(ICT)を生かした村づくりなどを掲げる杉岡村長に、就任の抱負を聞いた。


首長インタビュー/篠木弘葛尾村長

村で働き住んでもらえる“新しい葛尾村”の創生へ


2021インタビュー/遠藤智広野町長
OECDチャンピオン・メイヤーズから、福島の復興を発信

震災の教訓と知見を国内外に還元していく


■編集長ンタビュー/金子恵美 立憲民主党福島県連代表
提案型政党として、共生社会の国家像を目指す

再び政権交代可能な責任政党に仲間が結集した

衆参150人を擁し、政権交代可能な当事者能力を持ち得る立憲民主党が誕生したが、有権者の支持率は極めて低い。これまでに非自民・非共産の野党勢力は選挙の度に分裂を繰り返し、一強多弱の構図によって安倍政権の長期化を招いてきた。本県では、増子輝彦元国民民主党県連代表の参議院自民党会派入りによって、次期参院選における空白区の2区の人選はもちろん、次期参院選の候補者擁立も急がれる事態となっている。10月10日に県連代表に就任した金子代議士に、県内での党勢拡大や野党共闘などのほか、焦眉の急である福島第一原発敷地内に増え続けるALPS処理水の処分方針などの諸課題を聞いた。(11月16日収録)


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
山川充夫 福島大学名誉教授・福島大学FURE客員教授 

【第63回】東日本大震災原発災害と福島県内経済主体への影響 ─福島県民経済計算の制度部門別所得支出勘定から─〈後編〉


■特別連載③/提督山本五十六 その栄光と挫折

星 亮一


■ざいかい短信
・余目地区テレビ受信組合の清算で背信行為か

2020年12月04日

財界ふくしま2020年12月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■1年半後に迫った参院福島選挙区―

突然の増子(輝彦)の“自民会派入り”で情勢が一変
自民県連の意中の太田(光秋)議長が“候補辞退”で混迷に拍車!!

定数1になった参院選で野党統一候補として、当時、自民党公認で現職法務大臣を務めていた岩城光英を破った増子輝彦参議院議員が、参議院の自民党会派で活動を始めている。当初は復党もあるとの観測が流れたことで自民党県連に一気に緊張感が走り、所属議員らは復党阻止の構えを見せていた。野党統一候補だった増子が自民党会派入りしたことにより、1年半後に迫った参院福島選挙区の情勢も大きな変化を見せている


■追跡レポート
塙町出資の誘致企業が国有林・保安林を無許可で伐採!
民有林・共有林も「口頭での承諾」で伐採していた

東白川郡塙町が設立の際に出資し全面支援している誘致企業をめぐり「国有林・保安林内のドウダンツツジを無許可で伐採し、民有林や共有林も一部の所有者に口頭で承諾を貰っただけで伐採している」との情報が寄せられた。9月定例会では町議の一人が町執行部に事実関係と今後の対応を質したが、本誌は問題の経緯と全容を取材した。

■追跡レポート
いまも続くグローバルピッグファーム・柳津養豚場の“悪臭公害”

原因が分からず、第2期工事が建設中止に…

本誌9月号で報じた柳津町にある養豚場の“悪臭公害”が、新たな展開を迎えている。柳津町議会9月定例会でもこの臭気問題を取り上げられ、養豚場の第2期工事を前にして行政による環境アセスメントが実施されることになった。


■只見町長選直前情報

現職と新人2人の激しい「三つ巴」

8年前同様「僅差の決着」か?

4年前の無競争から一転、水面下で現職と新人2人による激しい「三つ巴」が繰り広げられている只見町長選。果たして混戦を制するのは誰か?告示日が迫る中、本誌は現在の情勢について取材した。


特別インタビュー/須田博行伊達市長
堂ノ内地区に広域的な商業・交流機能を目指していく

ソフトとハードを更新し、災害に強い地域づくりへ


■特別インタビュー/戸田光昭県保健福祉部長

医療と検査体制の確保に努め「福島モデル」を推進していく


■特別インタビュー/本間達也(一社)福島県老人保健施設協会

より良い「在宅復帰」を支えるのが老健施設の使命


特別インタビュー/根本匠代議士
「政策本位の政治」を信条にこれからも日本を動かしていく


特別インタビュー/菅家一郎代議士
北関東・南東北を一つのエリアにバックヤード構想を提言する


特別インタビュー/上杉謙太郎代議士
ポストコロナを福島復興のチャンスに

■特別インタビュー/後藤浩之日本中央競馬会福島競馬場長

ポ来年にもつながる秋の福島競馬を事前申し込み制で観客入場を再開


■編集長ンタビュー/平沢勝栄 復興大臣
復興大臣としてふる里への恩返しを具現化していく

原発事故に伴う処理水の影響は、最大限抑える

小学校から高校時代を本県で過ごした平沢勝栄代議士が菅内閣の復興大臣として、初入閣を果した。本県ゆかりの復興大臣の誕生に県民の期待も高まっているが、目前には原発事故の収束作業に伴うALPS処理水の処分方法についての政治決断が迫られている。復興大臣と兼務する福島原発事故再生総括担当相の立場から、本県の復興と再生に向けた課題と対応を聞いた。<10月23日収録>


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
山川充夫 福島大学名誉教授・福島大学FURE客員教授 

【第62回】東日本大震災原発災害と福島県内経済主体への影響 ─福島県民経済計算の制度部門別所得支出勘定から─〈前編〉


■特別連載②/提督山本五十六 その栄光と挫折

星 亮一

2020年11月04日
» 続きを読む