財界ふくしま

商品一覧

財界ふくしま2020年10号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■深層レポート

7万泊分も売れ残った“県民割”の大いなる誤算!!
「GoToキャンペーンと併用不可」に不満が渦巻く

 

コロナ禍で打撃を受けた観光需要を喚起する「ふくしま県民割引」は6月補正予算で10万泊分を追加販売した。ところが、県民割の売れ行きに暗雲が漂っているという。宮城、青森、栃木、茨城県は、GoTo割との併用を展開しているが、それでも県独自キャンペーンの売れ行きは芳しいものではない。県民割の売れ行き不振の最大の原因がGoTo割との併用不可にした制度設計にあるとの指摘もされるなど、観光宿泊事業者への公平性を保つために競争力を欠いた県の観光戦略に迫った。


■インサイドレポート
鏡石町職員「賭博未遂事件」の顛末
深刻さ増す自治体職員の“レベル低下”

 

今年3月、鏡石町役場(遠藤栄作町長)で職員11人が人事異動を予想する「人事ロト(通称)」を行っていたことが内部告発で発覚。全員が懲戒処分を受け、1人を須賀川警察署に告発、送検された。本誌は、3月に起きた事件の表がなぜ4カ月後の7月までずれ込んだのかを質すとともに、県内のほかの市町村でも発生している職員の不祥事の実態を取材した。


■検証レポート
玄葉代議士が「新党参加」で巻き返し?!
激しさ増す3区の選挙情勢

 

立憲民主と国民民主両党の合流による新党が9月上旬にも誕生する中、本県では3区の玄葉光一郎代議士と東北比例区選出の小熊慎司代議士(福島4区)の2人が早々と新党への参加を表明した。本誌は、上杉謙太郎代議士(自民・東北比例区選出)の党勢拡大で激しさを増している福島3区の選挙情勢を緊急取材した。


■追跡レポート

福島5区 吉野圧勝も、野党統一候補の人選が“カギ”

わき市長選で元官僚の出馬が濃厚に…

 

与党内では安倍首相の健康不安説が強まり、政治日程にも影響が出始めている。任期満了まで〝解散なし〟ということになれば、死に体になってしまうが、年内に解散・総選挙があるのかどうかも不透明になってきた。ただ、立憲民主と国民民主の野党合流が決まった政治状況の中で、福島5区の動きも水面下で活発化している。来年9月の市長選も水面下での対立候補擁立の気運が高まってきた。


真相レポート
只見町職員「2度目の停職処分」に疑問の声
執行部の対応に批判も

南会津郡只見町(菅家三雄町長)の30代の男子職員が、昨年1月と今年7月の2度にわたり「不適切な事務処理」で懲戒処分を受けている。2度目となる今回は「停職12カ月」という重いものだが、町民の間からは「なぜ免職にならないのか?」との疑問の声が上がっている。本誌は2度の懲戒処分の経緯と菅家町政の「処分の在り方」について取材した。


■特別インタビュー/森雅子法務大臣
復興のその先の未来へ 福島県を世界に冠たる地域に

 


■特別インタビュー/室井照平会津若松市長

ICTを活用し更なる市民生活の利便性向上と地域産業の生産性向上を

 


■特別インタビュー/渡邊博美福島商工会議所会頭

ポテンシャルを引き出し、魅力ある県都を創造していく

 


■特別インタビュー/本田哲朗福島成蹊中学校・福島成蹊高等学校長
2年連続東大現役合格が実証した「だから、成蹊は“伸びる”。」


■トップインタビュー/鈴木勝夫㈱平中央自動車学校代表取締役社長
長年の営業経験と人脈生かし教習生を呼び込む
開校60年の熱心指導が築いた信頼


■編集長インタビュー/安部義孝 アクアマリンふくしま館長(公益財団法人ふくしま海洋科学館理事長)
水族館と動物園の垣根を下げ、生き物の総合的な博物館へ

生物多様性をテーマに、自然の持続的なあり方を問うてきた

海を通して「人と地球の未来」を考える理念の下に、アクアマリンふくしまが、7月15日に開館20周年を迎えた。震災前まではコンスタントに90万人近い集客を誇り、震災後は早期に復旧・復興の道筋を付けて再開に漕ぎ着け、施設の拡充や企画の充実を図るなどして徐々に集客数が回復していた。ところが、新型コロナウイルスの影響で、再び集客減に見舞われている。海洋文化推進事業の一環であるシーラカンス調査事業で世界に名を轟かせたアクアマリンふくしまは、教育・研究・自然保護といった公的役割もあり、地域貢献に努めてきた。20周年の節目を迎え、自律的経営に向けた課題と今後の展望を水族館・動物園運営の第一人者である安部館長に聞いた。


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
由本 聖 会津大学産学イノベーションセンター准教授 

【第60回】ユニークなスタートアップの輩出へ


ざいかい短信
・飯舘村長選/菅野村長引退で新人2人が激突
・連続2期無投票ムードの葛尾村長選

2020年09月04日

財界ふくしま2020年9月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■追跡レポート

グローバルピッグファーム・柳津養豚場の“悪臭公害”で住民の怒りが爆発!!
悪臭・ハエの異常発生で「観光の町」のイメージダウンに…

 

柳津町と三島町の境界に建設された養豚場から悪臭が広がり、周辺の住民が柳津町に苦情を申し立てているものの、全く改善されていない。悪臭防止法では立ち入り調査、悪臭の測定は市町村が行うことになっている。しかし、測定機器もなければ、ノウハウも持ち合わせていないと柳津町では事業者に改善策を促す一方、規制指導の連携を取る会津地方振興局県民環境部に相談を持ち掛けたが、県では協力、支援に留まるとしてこの問題は放置されたままだ。


■深層レポート
キョロロン村・ちゃぽランド西郷を運営する西郷観光の解散で問われる歴代村長の“罪過”
日光国立公園・甲子高原に未来はあるのか?

 

阿武隈川の源流域として知られる甲子高原でキョロロン村とちゃぽランド西郷を運営する西郷観光㈱が解散し特別清算の手続きを進めている。甲子高原のシンボルともいえる両施設は果たして消滅してしまうのか否か?本誌は解散に至った要因と両施設の今後について取材した。


■インサイドレポート
西会津振興公社の役員人事にE氏を関与させた薄友喜町長の“不徳”!!
笠間比呂子専務との意外な関係も明らかに…


㈱西会津町振興公社(社長・薄友喜西会津町長)は、町が95㌫の株式を所有する第3セクターで、「温泉健康保養センター・ロータスイン」をはじめ「道の駅にしあいづ」、「さゆり公園」などのレジャー施設を管理・運営している。その振興公社では新たに2人が振興公社の専務、本部長に就いたが、この人事を巡り、西会津町では不満が渦巻いている。今回の人事には薄町長とパイプを持つE氏の意向が強く出ているというのだ。

■2020いわき市議選当落完全予想

有力新人不在で1700票でも当選か?

 

9月6日告示、9月13日投票で行われるいわき市議選は、37の議席をめぐり、水面下で激しい前哨戦が繰り広げられている。告示日まで1カ月を切った選挙戦の当落を完全予想する。


■特別インタビュー/橋本克也須賀川市長
「選ばれるまち須賀川市」の実現を目指す


■2020インタビュー/数又清市ふくしま未来農業協同組合代表理事組合長

所得増大に向け、日本一の産地づくりを
目標を可視化させ、具現化への施策を講じる

■トップインタビュー/小山征弘 若松ガス㈱代表取締役社長
エネルギー供給のみならず地元貢献を含めた地域に根差した企業を
新ブランドの認知を進めていく


■トップインタビュー/八巻研一 一般社団法人福島県計量協会会長
社会秩序を維持する計量思想の普及啓発を
対応迫られる自動はかり検定の法制化


■編集長インタビュー/熊坂仁美 夜の果樹園実行委員会委員長
「夜の果樹園」のオンライン観光からライブコマースへ

SNSで地域観光資源の発信と収益化を目指す

福島市の果樹園で夜の時間帯をライトアップして飲食を提供し、新たな観光コンテンツの創出に取り組む任意団体「夜の果樹園実行委員会」が観光庁の「夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」に採択された。本来、この公募事業は、地方における訪日外国人の増加や消費喚起を目的としている。ただ、今回のコロナ禍にあっては国の内外を問わない需要喚起が望まれており、全国31地域のプロジェクトが採択された。このプロジェクトの実行委員長で、ソーシャルメディア関連事業を展開する熊坂社長に、本県の観光振興に求められる戦略を聞いた。


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
衛藤 雅昭 奥羽大学薬学部長/薬学部疾患薬理学教授(附属病院内科兼任) 

【第59回】「高中性脂肪血症と糖尿病」研究の歩み


ざいかい短信
・棚倉町長選/現職・湯座の3期目突入が濃厚か!?
・後発新人が一気に追い抜く?北塩原村長選
・二本松市で不可解な指名競争入札

2020年08月04日

財界ふくしま2020年8月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■追跡レポート

“中合ショック”で急展開!県北地方の2大プロジェクト
条件付きでイオンモールを容認した木幡市長の政治判断

 

中合ショックを引き金に、福島市の木幡市長が駅前再開発の1年前倒しを表明。それに呼応したかのように、兼ねてより伊達市が誘致を求めてきたイオンモールの出店を実現させるための前段として須田市長が年内に地区計画を策定する方針を固めた。計画予定地となる伊達市の堂ノ内地区は市街化調整区域で大型商業施設の出店が認められていないことから、福島市では地元商業への影響も鑑みて反対の立場を取ってきた。ところが今回は一転、イオンが規模縮小に応じるなどの条件付きで木幡市長は建設を容認する姿勢を見せたのである。風雲急を告げる、県北地方の2大事業を追った


■追跡レポート
田村市・移地区の除染組合が渡辺会長を“罷免”
新体制で2億8000万円の横領疑惑解明に


今国会で審議された検察庁法改正案は成立が見送られ、焦点となっていた黒川弘務検事長の検事総長就任の目は消えた。従前より、検察官の定年延長は検察庁法で定められているものであり、国家公務員法は適用出来ないという政府解釈がされている。しかし、森法務大臣は今年1月に解釈を変更し、口頭決裁を得たと説明してきた。だが、黒川検事長は新型コロナウイルス特措法に基づく「緊急事態宣言」下にあって、大手新聞社の記者らと麻雀をしていた事実から辞任するなど、この法案を巡る政局が別な展開を見せようとしている。

■塙町長選直前情報
現職・宮田と新人・藤田の一騎打ち!?
焦点は現職「不起訴処分」への町民の評価


今年4月、社団・移再生プロジェクトチームの執行部3人が「業務上横領」で刑事告発されたことは本誌6月号で報じた通りだが、今度は刑事告発された執行部3人が除名・罷免され新執行部が誕生した。本誌は刑事告発のその後と執行部3人が罷免・除名に至った経緯、総額2億8000万円の不明金解明に向けた動きについて取材した。

■インサイドレポート

河二中新築工事の入札に賛否の声

白河市が「総合評価方式」を採用した理由は?

白河第二中学校の新築工事入札で採用された「総合評価方式」をめぐり、「体のいい官製談合」との情報が寄せられた。本誌は、なぜ入札で「総合評価方式」が採用されたのかとともに白河市内の建設業界の内実を取材した。


■緊急アンケート!
「新型コロナウイルス第2波・第3波への対応」

県内各郡市医師会長に聞く


周知の通り新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、本県でも3月7日に最初の感染者が出たあと、県内各地で82人が陽性の診断を受けて入院した。ただ、5月25日に全国で「緊急事態宣言」が解除されたあとは、6月18日に40日ぶりとなる陽性患者が1人出ただけで入院患者も2人に抑えられている。(6月25日時点) しかし、日本では今後、感染症の専門家が指摘しているように、「秋・冬に掛けて新型コロナウイルスの第2波・第3波が必ず訪れる」との声が大勢を占めている。そこで、本誌は各郡市医師会長に、福島県内の各地域の新型コロナウイルス感染防止への現在までの具体的な取り組みや第2波、第3波への対応、感染拡大防止に対する意見などについて緊急アンケートを実施。一挙掲載する。


■特別インタビュー/菅野孝志JA島五連会長
「儲かる農業」を確立させ担い手不足と耕作放棄地の解決を目指す


■2020インタビュー/小櫻 輝(一社)福島県交通安全協会会長

「交通事故ゼロ」目指し日々の活動を続ける
第10次福島県交通安全計画の最終年度へ気持ち新たに


■編集長インタビュー/鈴木和隆 フードバンクふくしま連絡協議会事務局長
フードバンク活動=地域づくり活動だ

フードバンク&フードビジネスで持続的な活動基盤を

一般社団法人全国フードバンク推進協議会によると、フードバンクとは、安全に食べられるのに包装の破損や過剰在庫、印字ミスなどの理由で、流通に出すことが出来ない食品を企業などから寄贈してもらい、必要としている施設や団体、困窮世帯に無償で提供する活動を指す。コロナ禍による未利用食品や食材の利活用がにわかにクローズアップされ、フードバンク活動にも社会的な関心が高まってきた。県内では、フードバンク活動をしているNPOなどの団体による「フードバンクふくしま連絡協議会」が2月に設立されている。この連絡協議会の鈴木事務局長に、県内におけるフードバンク活動の実態や課題などを聞いた。


■特別連載 〈第1回〉

「人間力をめぐる対話-東西の思想から考える『人間力』-」
東日本国際大学 松岡幹夫東洋思想研究所長/吉村作治学長/石井正三客員教授/城山陽宣准教授/倉田貢教授/三浦健一准教授・東洋思想研究所主任研究員


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」
黒沢高秀 福島大学共生システム理工学類教授 

【第58回】平常時を見据えた復旧事業・復興事業:福島県における生物多様性保全のケーススタディー


ざいかい短信
・〝けんしん〟の相次ぐ不正発覚で囁かれる“ある疑惑”!!
問題の本質は「須佐体制の長期化にある」との指摘も…

・当選から2年、“迷走”続く江田浅川町長
相次ぐ「首長の資質」を問う声

2020年07月04日
» 続きを読む