財界ふくしま

商品一覧

財界ふくしま2022年1月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■2022年参院選福島選挙区を占う―
候補者を擁立出来ない自民党県連の〝蹉跌〟
3度目の〝落下傘候補〟なら責任問題に発展か!!

2022年夏の参院選には現職の増子輝彦参議が名乗りを上げた以外は、自民党も立憲民主党をはじめとする野党統一勢力でも具体的な候補擁立までには至っていない。ただ、野党統一候補では石原洋三郎福島市議を推す声も多く、一方で、若返りを図る自民党にあって、岩城光英元法務大臣が出馬の構えを見せるなど、情勢は混沌としている。政権与党の自民党からすれば、今回の衆院選の県内小選挙区は2勝3敗の戦績だったが、次期衆院選に向けては早くも、次の候補者と目される人物も浮上してきた。


深層レポート

日和田土地区画整理組合に「塩漬けか?!」の声
〝見えない解散〟に苛立ちも

郡山市内の組合施行の区画整理事業で唯一、解散出来ないでいる日和田土地区画整理組合をめぐり、「このままでは塩漬けになってしまうのでは?」との懸念が寄せられた。本誌は新たに発覚した組合員の補償をめぐる問題と併せ、同組合の現状と今後を探った。


■2022南相馬市長選
相馬玉野メガソーラーで市民団体が事業者責任の明確化を求め署名運動を開始!
注目される相馬市と事業者の協定書の中身

前回の市長選では現職で3期目を目指す桜井勝延に対抗し、市の幹部職員を経て市議1期を務めた新人の門馬和夫が出馬。わずか201票差で新人の門馬が当選した。今度は攻守を入れ替え、再び同じ構図での選挙戦が再現されることになった。2期目の選挙は現職有利になる傾向が多いが、リターンマッチに燃える桜井陣営の勢いは、そうした予断を許さない状況となっている。


■2021相馬市長選
攻守入れ替え、再び超接戦の一騎打ちへ!
現職・門馬の総合力に突破力の桜井が挑む

12月19日投票の相馬市長選は10月末段階で出馬の意向を表明した候補者は誰もおらず、現職で5期目の立谷秀清市長の6選出馬が最大の焦点となっている。20年前に市長選に挑んだ際には最長で3期12年を自らの任期と定めていたが、震災と原発事故からの復旧・復興・創生に当たるためにそこから2期を務め、集大成を迎えようとしていたところに新型コロナウイルス感染症が起きた。
いまや全国市長会長として、名実ともに実力首長に評される立谷市長の6選出馬が濃厚になる中、相馬市の次の課題も浮かび上がってきた


■編集長インタビュー/渋谷健司相馬市新型コロナウイルスワクチン接種メディカルセンター・センター長(東京財団政策研究所・研究主幹)
相馬市の実証が日本のエビデンスになった
子供たちの学校生活のために、4点セットの実践を

東京オリンピック・パラリンピックの開催期間と重なるように、新型コロナウイルスの第5波は、過去最大の新規感染者数を記録した。全国でも多くの都道府県が病床使用率も療養者数もステージ4(感染者爆発的拡大)となり、医療提供体制が逼迫。首都圏などでは医療難民や入院待機者が出るなど、改めて日本の新興感染症や再興感染症対策の不備が浮き彫りになった。相馬市では全国自治体に先駆けて、希望者へのワクチン接種を完了。世界的な公衆衛生学の権威として知れらる渋谷氏を招聘し、科学的な視点に立った感染症対策で、相馬モデルの進化に取り組んでいる。


■特別インタビュー/菅野豊農協観光協定旅館ホテル連盟会長理事((株)栄楽館代表取締役会長)
農協観光と一体となって観光業V字回復へ


■トップインタビュー/酪王協同乳業(株)代表取締役社長 鈴木伸洋さん
特徴あるブランド商品の更なる拡大を

東北協同乳業と酪王乳業が合併


■特集/目指せ!全国制覇 学法石川高校・全国高校駅伝大会出場


■特集/10.31総選挙特集


■連載/ふくしまから地球文明の未来を

日本における儒学の興隆・衰退・再生と東日本国際大学の歴史的役割(Ⅰ)
「聖人の道は中庸に在り」(山鹿素行)
森田 実 政治評論家・ 東日本国際大学名誉教授


■連載/世界のフクシマ県人会

安カ川泰洋香港華南地区福島県人会長


■連載〈第回〉/フクシマ発!「エナジア」の挑戦

白石昇央 ㈱エナジア代表取締役

再生可能エネルギーで復興の〝見える化〟を実現する


ざいかい短信
・中島村役場・分庁舎解体工事で「噂の業者」が落札!

2021年12月03日

財界ふくしま2021年12月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■スクープ!
土地改良区の理事長が横領発覚後に〝自殺〟!?
今後は「使途不明金の回収」「賦課金の値上げ」が焦点に…

長年にわたり会津坂下町只見川土地改良区の実務を取り仕切っていた理事長が自殺し、私的流用を続けていたことが分かった。職務代理者をはじめ、残された理事、職員らが金融機関の残高証明や税理士、土地連などのチェックを受けたところ、総代会で承認を得た財産目録との違いが明らかになっている。今後は、第3者を交えた調査委員会による調査をした後に組合員への私的流用の内容を報告するとしているが、同様の事態は全国でも頻発している。


検証レポート

交付金を巡って会津若松市の町内会が大揺れ!!
制度変更時のボタンの掛け違いが混乱の〝元凶〟

平成17年に会津若松市では、行政区の〝世話人・まとめ役〟的な存在である区長の報酬を町内交付金に変更した。しかし、いまだに市から区長の個人口座に交付金が振り込まれ、町内会に交付された交付金も決算書に載っていないケースがある。市では区長の報奨金を町内会に支払っているという前提があることから、制度改正から16年経ったいまも、区長の源泉徴収をしていない。


■追跡レポート③
相馬玉野メガソーラーで市民団体が事業者責任の明確化を求め署名運動を開始!
注目される相馬市と事業者の協定書の中身

本誌10・11月で取り上げてきた相馬市玉野地区の巨大メガソーラー設置をめぐる問題で、10月11日に相馬市民の会主催の第3回説明会が開かれた。本誌は同日の様子とともに、巨大メガソーラー設置をめぐるその後の動きを取材した。


■2021相馬市長選
多選の弊害より高まる待望論で、間もなく6選表明へ!?
相馬市政の最大の課題は〝ポスト立谷〟に

12月19日投票の相馬市長選は10月末段階で出馬の意向を表明した候補者は誰もおらず、現職で5期目の立谷秀清市長の6選出馬が最大の焦点となっている。20年前に市長選に挑んだ際には最長で3期12年を自らの任期と定めていたが、震災と原発事故からの復旧・復興・創生に当たるためにそこから2期を務め、集大成を迎えようとしていたところに新型コロナウイルス感染症が起きた。
いまや全国市長会長として、名実ともに実力首長に評される立谷市長の6選出馬が濃厚になる中、相馬市の次の課題も浮かび上がってきた


■インサイドレポート②
郡山市が西ノ内町内会・前会長の審査請求を却下
対立は〝泥沼化〟の様相も?

郡山市・西ノ内町内会の前会長が解任の無効を訴えて会長変更の届け出を受理した郡山市に審査請求をしていた問題で、郡山市は9月末日、前会長の審査請求を却下した。本誌はこの間の経緯について取材した。


■二本松市長選レポート
「選挙の三保」にはやっぱり勝てない!?

今回は諦め、目指すは4年後の市長選?

合併後5回目を迎える二本松市長選は、告示日まで1カ月を切ったいまでも、現職・三保に対する対抗馬擁立の目途は立っていない。現市政には批判の声は挙げるものの、具体的な動きに至らないのはなぜか。その内情を取材した。


■編集長インタビュー/西田創 福島スポーツエンタテインメント㈱代表取締役社長
福島ファイヤーボンズが先頭に立ち「誇れる福島」をつくる
「識学」の有用性で地域の可能性の最大化へ

東日本大震災と原発事故後の2013年にチームを設立し、翌年のbjリーグに参加。2016年からのBリーグに参戦してきた福島ファイヤーボンズは昨年、Bリーグのクラブライセンス交付規定による累積債務の解消に迫られ、東証マザーズ上場の㈱識学の経営支援を仰いだ。既に開幕した2021-22シーズンではB1昇格を目指し、経営面では営業体制の再構築やマーケティング活動の活性化に取り組んでいる。今年5月から福島ファイヤーボンズの運営会社の舵取りを担う西田社長に、地方における地域密着型のプロスポーツの持続可能性を高めるための経営戦略や県民が待ち望むB1昇格の展望について聞いた。


■特別インタビュー/佐藤勝彦(一社)福島県病院協会長
若い医師が地域に根差していくための対策を


■特別インタビュー/本間達也(一社)福島県老人保健施設協会長
コロナ禍を機に、介護保険制度の持続可能性が問われていく


■特別インタビュー/藪政勝日本中央競馬会福島競馬場長
昨年以来の有観客!臨場感ある福島競馬を


■新首長に聞く/箭内憲勝泉崎村長
身近に感じられる行政運営を


■特集/コロナ禍から地域経済再生へ」県内10商議所会頭メッセージ

・福島商工会議所会頭 渡邊博美氏
・郡山商工会議所会頭 滝田康雄氏
・会津若松商工会議所会頭 澁川恵男氏
・いわき商工会議所会頭 小野栄重氏
・白河商工会議所会頭 牧野富雄氏
・原町商工会議所会頭 高橋隆助氏
・会津喜多方商工会議所会頭 佐藤富次郎氏
・相馬商工会議所会頭 草野清貴氏
・二本松商工会議所会頭 山口純一氏
・須賀川商工会議所会頭 渡邉達雄氏


■特別掲載/〈第3回〉部門間対話企画 人間力をめぐる対話―東西の思想から考える「人間力」―
学校法人昌平黌・東日本国際大学
〈第3部〉森田実名誉教授/吉村作治総長/松岡幹夫東洋思想研究所長/福井朗子いわき短期大学幼児教育科学科長/三浦健一准教授
〈第4部〉中西文雄客員教授(なかにし内科クリニック院長)/緑川浩司理事長/三浦健一准教授


■連載/ふくしまから地球文明の未来を

福島人・東北人は日本国民に「努力」の大切さを教えた
「実に恐ろしいものは人間の努力である」(マルコーニ)
森田 実 政治評論家・ 東日本国際大学名誉教授


■連載/世界のフクシマ県人会

ストックトン亜紀子パースふくしまの会会長


■連載〈第5回〉/フクシマ発!「エナジア」の挑戦

白石昇央 ㈱エナジア代表取締役

再生可能エネルギーで復興の〝見える化〟を実現する


■特別連載〈最終回〉/提督山本五十六 その栄光と挫折
星 亮一


ざいかい短信
・広野町長選/現職・遠藤の3選は揺るぎなし?

2021年11月04日

財界ふくしま2021年11月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

     750円(税込)

 


■県内13市の生活保護者のアンケート調査を実施
生活保護申請が微増でも貸付資金の利用者が激増!!
明らかになった不正受給、CW(ケースワーカー)不足の実態

新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、多くの国民が生活困窮に陥り、生活保護を申請するケースが増えている。令和2年10月の完全失業者数は約215万人で、同年同月比で約50万人も増加しているのだ。本誌は県内の福祉事務所に『生活保護アンケート調査』を実施し、生活保護申請から自立支援までの実態に迫った。


追跡レポート②

相馬玉野メガソーラーで相馬市と事業者が1年8カ月前に「協定書(案)」を作成!
9月定例会では市議の“体たらく”が露呈

先月号でも報じた相馬市玉野地区の巨大メガソーラー設置をめぐる問題が相馬市議会9月定例会で取り上げられる中、相馬市と事業者の間で、既に1年8カ月前に「環境保全協定書(案)」を作成していたことが明らかになった。本誌は林地開発許可後の一連の動きを取材した。


■市町村議選当落直前予想/大沼郡会津美里町
今回も新人乱立で激戦突入か


■編集長インタビュー/北村清士 (公社)福島相双復興推進機構理事長(福島相双復興官民合同チーム)
相双地域をイノベーションで課題解決の先進地に
現場主義に徹し、復興のその先にある未来へ

被災12市町村の事業者や農業などの生業の再建を目的に設立された福島相双復興官民合同チームは、避難指示の解除に応じて事業者、農業者の再開支援をはじめ、生活や事業環境の整備も含めたマチづくり支援などにも取り組んできた。地域によって復興のフェーズが異なる状況にある一方、福島イノベーション・コースト構想を核とした先端分野の実証事業が次々と展開されるなど、相双地域を基盤とする本県内での次世代型の産業集積が高まっている。
第2期復興・創生期間と軌を一にし、4月から理事長に就いた本県経済界の重鎮に、相双地域の目指すべき姿を聞いた。


■特別インタビュー/吉村作治(学)昌平黌総長
いわきから日本・世界のリーダーを育成していく!


■特別インタビュー/緑川明美(学)昌平黌常務理事
学生を支え「一緒に」未来を拓く


■特別インタビュー/内田広之いわき市長
官僚経験生かし、ふるさと「いわき再起動!」


■特別インタビュー/長谷川浩一(一社)福島県建設業協会長長
掘削土の再利用も踏まえた国土強靭化を


■特別インタビュー/菅野豊(一社)郡山市観光協会長


■2021インタビュー/太田英晴(一社)福島日仏協会理事長
福島とフランスの特別な結びつきを大切に
文化や料理を楽しみながら、交流の架け橋へ


■トップインタビュー/橋本勝安積町商工会長
「すべては会員のため」の商工会を
“安積町に恩返し”の思いを胸に


■特別掲載/〈第3回〉部門間対話企画 人間力をめぐる対話―東西の思想から考える「人間力」―
学校法人昌平黌・東日本国際大学
〈第1部〉緑川浩司理事長/森田実名誉教授/吉村作治総長/松岡幹夫東洋思想研究所長/三浦健一准教授
〈第2部〉吉村作治総長/松本優梨東洋思想研究所所長代行/倉田貢教授/城山陽宣准教授/三浦健一准教授


■新連載/ふくしまから地球文明の未来を

常磐炭田慕情―1955年の体験―
森田 実 政治評論家・ 東日本国際大学名誉教授


■連載/世界のフクシマ県人会

石川武司オランダふくしま会長


■連載〈第4回〉/フクシマ発!「エナジア」の挑戦

白石昇央 ㈱エナジア代表取締役

再生可能エネルギーで復興の〝見える化〟を実現する


■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」【第71回】
金子信博 福島大学食農学類教授

農地の除染と気候変動対策


ざいかい短信
・ウイスキーで榮川酒造の再生を目論む小池社長
・須賀川市長らの公選法違反は「お咎めなし」で決着!?

2021年10月04日
» 続きを読む