財界ふくしまは、福島の政治、経済などのニュースを発信する情報誌です。活気溢れる福島県経済界の情報をお届けする、財界21です。

財界ふくしま本社 TEL:024-545-2200
〒960-1107 福島市上鳥渡字東谷地1-1

内容ここから
あの味この味 区切り

2018年9月26日

仙台育英高校野球部前監督の佐々木順一朗氏が学法石川高校野球部監督に就任!

仙台育英高校野球部前監督の佐々木順一朗氏が学法石川高校野球部監督に就任!
~本県高校球界のレベルアップに大きな期待~

 

▼9月29日に就任記者会見を開催

 

 宮城県の高校野球の強豪・仙台育英高校の前監督として知られる佐々木順一朗氏が、11月9日付けで本県高校野球の古豪・学法石川高校野球部の監督に就任した。今月29日には同校で監督就任の記者会見を開く予定で、現在の伊東美明部長、上田勇仁監督、石名坂規之舎監の3人は佐々木新監督の下、コーチとして引き続き生徒たちの指導に当たっていく。

 

佐々木氏は宮城県出身で東北高校から早稲田大学を経てNTT東北へ入社し社会人野球で活躍。その後、平成5年に仙台育英高校野球部のコーチに就任。同7年から監督を務め春夏合わせて合計19回甲子園に導き、このうち2001年春と2015年夏の甲子園に準優勝、昨年の夏の甲子園大会でもベスト8入りを果たしている、

 

だが、昨年12月、当時の同校野球部員9人が寮や飲食店で飲酒、喫煙していた事実が発覚。日本学生野球協会から6カ月間の対外試合禁止処分を科せられ不祥事の責任を取る形で、今年1月1日付けで同校監督を辞任。その後、3月31日付けで仙台育英高校も退職したことから、野球関係者の間では、
「母校の早稲田大学硬式野球部の監督に就任するという話です。(本誌中・早稲田大学が9月5日に元プロ野球ロッテの小宮山悟氏が来年1月1日付けで就任すると公表)」
「佐々木さんは宮城県を代表する指導者。県外には絶対出さない。本人は当分、(監督を)やらないと言っているらしいが、恐らく最近低迷している母校の東北高校の監督に就任するのではないか?ただ、東北高校のОB会からは熱烈なオファーを受けているようだが、学校自体が(招致に)動かないらしい」
といった憶測が飛び交うなど、今後の動向が注目されていた。

 

今回の佐々木氏の監督就任に学法石川高校野球部ОBや地元・石川町民の期待は大きく、
「佐々木さんは全国で通用する高校野球を知っている。いまの学石野球部を再建していくのはマイナスからのスタートですから佐々木さんも大変だと思いますが、就任した以上、自分のやりやすい指導環境の下で思い切り取り組んでもらいたい」
「佐々木さんは決して自ら(生徒を)勧誘しないらしい。入部してきた生徒一人ひとりを尊重し、人間育成に重点を置いた指導をするという指導方針と聞いているが、それこそいまの学石野球部に一番欠けている部分です。甲子園出場も大切だが、まずは生徒たちが人間として成長出来る指導を徹底してもらいたい。学校、ОBが一丸となって佐々木監督が動きやすい環境を作っていきたい」
など、早くも熱い声援が次々と寄せられている。

 

また、県内の少年野球の指導者の一人からは、
「佐々木さんの存在自体が本県の高校野球全体のレベルアップにつながるのは間違いない。佐々木さんの監督としての姿勢に本県の高校野球指導者が直に触れることで本県の高校球界のレベルは確実にアップする。甲子園でベスト8の壁を破れないでいる聖光学院にとっても大きな刺激になるのではないか?日大東北高校も甲子園に6度出場した実績を持つ宗像(忠典)さんが監督に復帰したが、ぜひ、『聖光一強』から脱却し、本県高校球界全体が切磋琢磨して全国制覇を目指してもらいたい」
との声も届いている。

 

果たして、古豪と呼ばれて久しい学法石川高校野球部の復活はあるのか?また、「宮城県の宝」と称される佐々木氏の今回の監督就任が、本県高校球界にどのようなインパクトを与えるのか?そして、本県高校球界の「聖光一強時代」に終止符を打つことは出来るのか?更に、本県の高校球界全体がレベルアップすることで、悲願の「優勝旗の白河の関超え」を果たす日が訪れるのか否か?今回の監督就任については、
 「(学法石川高校の)森理事長が直接、佐々木さんに会ってオファーしたと聞いています。退任後の佐々木さんの進路については様々な憶測が流れていたが、学校トップの行動力が不可能を可能にした。森さんの熱意が佐々木さんの心を動かしたわけですが、佐々木さんの招致は学法石川高校のみならず、福島県全体にとっても大きな出来事ですよ」(県内の高校野球関係者)
との声も漏れ伝わっているが、いずれにせよ、大きな期待が膨らむ中、佐々木氏の今後の手腕が注目される。

(※写真は学法石川高校校舎と森涼理事長)


区切り

2018年9月12日

財界ふくしま10月号お詫びと訂正

財界ふくしま10月号13ページの目次で「クロニクル・昭和回想」の内容に誤りがございました。正しくは「〈第69回〉小野町」です。お詫びして訂正致します。


区切り

2018年9月8日

財界ふくしま10月号、9月10日発売

財界ふくしま10月号、9月10日発売

 

■検証レポート■
高額介護保険料は原発事故の〝せい〟だけなのか!!

現実味を帯びてくる双葉郡民の大量転出!?

 

今年4月に改定された介護保険料で、双葉郡葛尾村が全国最高額の9800円となった。また、介護保険料が高い全国トップ10の半数が双葉郡の自治体という異常事態となるなど、震災と原発事故による極端な社会構造の変化と、少子高齢社会の構造的課題が前倒しされた実態が浮き彫りになった。超高齢社会の到来で医療、介護費の増大が予想される中、果たして、福島県の医療保険財政は持続可能性を担保出来るのだろうか。

 

■総力特集/県議補選徹底分析■

9月9日投票の相馬市・相馬郡新地町選挙区県議補選に始まり、今秋、県議補選が7つの選挙区で予定されている。本宮市・安達郡選挙区が9月21日告示、9月30日投票で行われたあと、残り5つの選挙区は10月19日に告示され、任期満了に伴う県知事選と同日選(10月28日投票)となる。各選挙区の情勢を徹底分析する。

 

●本宮市・安達郡
自民沈黙で佐藤優位に拍車?
●福島市
自民・丹治の返り咲きで、注目される桜田の動向
●伊達市・伊達郡
2議席目指す自民と孤塁死守する共産の前哨戦
●田村市・田村郡
自民・先崎が無競争で返り咲き!?
●白河市・西白河郡
現時点では三村の無競争当選が濃厚!
●喜多方市・耶麻郡
四半世紀ぶりの新県議誕生も自民内部に不和?

 

■浅川町長選レポート■
組織力の現職・須藤と草の根の新人・江田の一騎打ち!

12年ぶりの選挙戦濃厚で町民の判断は?

 

10月9日告示、同月14日投票の浅川町長選は現職で4期目を目指す須藤一夫と町議4期の新人・江田文男の一騎打ちとなっている。現職への「多選・高齢批判」や新人に対する出馬取りやめを求める圧力などが水面下で繰り広げられている中、果たして12年ぶりとなる選挙に町民はどのような審判を下すのか?本誌は現在の情勢を取材した。

 

■編集長インタビュー/江川和弥 ふくしま子ども食堂ネットワーク代表
「子ども食堂」は地域が子育てをするコミュニティーになる
貧困よりも深刻な、子供の孤立を防ぐ居場所づくり

 

近年、無料や低額で食事を提供する「子ども食堂」の活動が全国で増えている。政府は認定こども園や放課後児童クラブなどの子供を預かる施設整備を進め、来年10月の消費増税に伴う幼保無償化を掲げるなど、子育てにかかわる負担軽減を図る施策の充実に取り組んでいるところだ。これからの日本が社会全体で子供を支える仕組みはどうあるべきなのか。昨年「ふくしま子ども食堂ネットワーク」を設立した江川代表に、食事を通して保護者以外の大人や地域社会と交流する場として注目されており、家庭環境などによる「貧困の連鎖」を防ぐ役割も期待されている子ども食堂の県内での実情を聞いた。

 

■2018インタビュー/古川信吾㈱マコト精機代表取締役
時代のニーズに対応出来る若手の人材育成が私の仕事
創業時から培った技術力で世界へ

 

■特別インタビュー/渡邊博美福島商工会議所会頭に県都のマチづくりと復興を聞く
いま、県都の魅力と都市機能を高める好機が来た

 

■特別インタビュー/鈴木久社会福祉法人昌平黌理事長
介護をとりまく諸問題に対処しながらサービスを維持していく

 

■トップインタビュー/木村守和(一社)いわき市医師会長
地域に自ら出て行き市民に語り掛ける医師会を目指す
医療・介護職の連携強化が重要

 

■新首長に聞く/吉田数博浪江町長
絆をつなぎ、生活インフラの整備と地場産業の再生へ

 

■連載/県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」【第38回】
川﨑興太福島大学共生システム理工学類准教授
除染の終了? 避難指示の解除? 福島復興のスタートライン?

 

■連載/戊辰150年 郷土の精神史
郷土史研究家 江代正一氏
【第8回】福島藩

 

■連載/福島の悲劇を福島の奇跡へ
菊地臣一 福島県立医科大学常任顧兼ふくしま国際医療科学センター常勤参与
【第7回】地域医療をどうするか-福島方式の確立-〈後編〉

 

■連載/ドクターGOの医療徒然草
遠藤 剛(医療法人)健心会えんどうクリニック院長
【第12回】健康情報過多

 

■ざいかい短信
・金山町長選/実力新人出馬で現職は窮地に?


区切り

新刊情報

クロニクル昭和回想

新刊

買い物カートへ入れる

お問い合わせ お問い合わせページへ
ツイッター

もっと読む

内容ここまで

ホームページ制作 仙台 ホームページ制作 東京