財界ふくしまは、福島の政治、経済などのニュースを発信する情報誌です。活気溢れる福島県経済界の情報をお届けする、財界21です。

財界ふくしま本社 TEL:024-545-2200
〒960-1107 福島市上鳥渡字東谷地1-1

内容ここから
あの味この味 区切り

2016年3月8日

新刊本「論語の力」3月11日(金)発売

学校法人昌平黌理事長 緑川浩司著

<対談1>

・緑川浩司 学校法人昌平黌理事長

・徐 坰遙 儒学文化研究所所長/韓国・成均館大学校名誉教授

論語の力―昌平黌の新生

第1章 現代社会で論語を学ぶ意義

第2章 孔子祭の沿革と意義―校章の意味と「知行合一」

第3章 修己治人―人間力の育成と社会的知能指数(SIQ)

第4章 克己復礼―人間力の育成と社会における「和」―

第5章 『論語』が発する青年への光―孝悌・忠信と修身・斉家・治国・平天下の現代

<対談2>

・緑川浩司 学校法人昌平黌理事長

・松岡幹夫 東洋思想研究所所長/同教授

論語と法華経―「東洋」の英知に学ぶ

<基調講演>

・緑川浩司 学校法人昌平黌理事長

多文化時代の「心の創世」

 

福島県内主要書店で販売されます。

論語の力表紙


区切り

2016年3月8日

財界ふくしま2016年4月号、3月10日㈭発売

■検証レポート/丸川発言で見えた被災者自立の“ウソ”

■ざいかい短信

・楢葉町長選/国の後ろ盾ある松本か、住民目線を掲げる鈴木か

・川内村長選/無投票は良しとしない有権者がどう動く?

■市町村議選当落直前予想

・天栄村/11人目の候補見当たらず2期連続“無投票”か?

・矢吹町/現時点で3人オーバーだが変動も

・矢祭町/水面下で擁立の動き、選挙戦突入の可能性大?

・塙町/選挙か無投票か?直前まで予断許さず!

・玉川村/少数激戦へ突入の中3人出馬で注目される竜崎地区

・平田村/年明けから新人急浮上で激戦の選挙戦へ突入

・古殿町/新人の大量出馬で進退が注目されるベテラン・関根と元職・野崎
・会津坂下町/新人の勢いが、地盤と支持が弱い現職を追い込む展開に

・柳津町/大量得票の要素なく、1票を争う展開へ

・下郷町/現職5人引退に新人乱立当落線上の激戦必至

・只見町/少数激戦突入で注目される「期待票」の行方

・富岡町/少数激戦で、下位当選の現職に危機感走る
■特別インタビュー

●内堀雅雄福島県知事/復興と地方創生を成し遂げ、福島プライド。を取り戻す
●門馬 好春 30年中間貯蔵施設地権者会事務局長/県民のために判を押したいが、まだ押せない理由がある

●中島  孝 「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟原告団長/「福島切り捨て」は絶対に許さない!全国初「裁判官の現地検証」が3月中旬に

●西本由美子 NPO法人ハッピーロードネット理事長/子供たちが考えた様々な活動を通して福島の“いま”を伝ていく

●立谷秀清相馬市長/震災から5年、「地方創生」のステージに入った
●高松義行本宮市長/「住みたいふるさと もとみや創生」に尽力する

●菅野孝志ふくしま未来農業協同組合代表理事組合長/営農基盤の再構築と農業所得向上が、地域社会を支える礎になる

●結城政美福島さくら農業協同組合代表理事組合長/逆転の発想で気候・風土の違いを生かす!

●夢みなみ農業協同組合橋本正和代表理事組合長/「首都圏に近いJA」の利点を生かす

●会津よつば農業協同組合長谷川一雄代表理事組合長/長年にわたる「会津は一つ」の農業振興を更に推し進める
■連載 県内大学リレー寄稿「フクシマの未来像」

201604_表紙…難波謙二 福島大学環境放射能研究所所長 共生システム理工学類教授


区切り

新刊情報

クロニクル昭和回想

新刊

買い物カートへ入れる

お問い合わせ お問い合わせページへ
ツイッター

もっと読む

内容ここまで

ホームページ制作 仙台 ホームページ制作 東京